考えて製作せぃ!

日常の事や製作の事などを書いていくよ。

注意しすぎる事

未だもって震災かつ原発の影響下にて生活を送っています。


そんな中、人的2次災害の影響をひしひしと感じてきます。


現在、原発の周辺20kmまでは立ち入り禁止、20~30kmが屋内退去となっています。


屋内退去圏内でも屋内にいれば健康に影響する放射能を浴びる事はありません。


屋内退去圏外に至っては普通に生活してても何も影響が無いのですが、どうもこのあたりで過剰認識をしてる人が多くいる事が問題となってます。


「福島は放射能で汚染されている」


そんな声をネット上で多く見ます。しかしそれは何の根拠があって言ってるのかがわかりません。


現に放射能量は普段の数倍とかにはなってますがそれは健康に影響の無いレベルです。


ですが周辺の人はそれですら「危険だ、危険だ」と騒ぎ、大事にしてしまっています。


そのせいで福島県内は避難する人が増加し、原発に近づくと放射能を盾に近寄ろうとしません。


結果として放射能の問題は肥大化していき、それを信じてしまう人が更に喚き立てて大事にしてしまう悪循環が発生してます。


その結果、今福島県内では人災が発生しています。


昨日、俺の地元ではガソリンの配給がありました。しかし市の職員からその経緯を聞くと呆れたものでした。


そのガソリンは運送業者のタンクローリーによって郡山まで運搬されて来ましたが、その運転手が放射能を怖がり運搬を拒否したというのです。


結局市の職員が派遣した運転手が、俺の地元までタンクローリーを運転してきたというわけです。


どうやら今回のガソリンに限らず、放射能を恐れる人たちのせいで俺の地元には物資が入って来ないため陸の孤島と化しつつあります。


一応俺は避難するだけの自力があるからいいものの、自力で避難できない人からしたらこんな迷惑な話はありません。


今回の震災に関心を向ける事は悪いとは言いません。しかし過剰に事を大きくするのは逆に迷惑になります。


震災地に家族、親戚、友達がいるから連絡をとるのも悪いとは言いません。しかし放射能が危険だから逃げろ、とか不安を煽るのは止めてください。


原発の事なんて既に周知の事実です。被災者は精神的にも参ってる方も多く、変に不安を煽るとパニックを起こします。


自称ボランティアと同じです。人のため、人のためと思ってもそれは迷惑にしかならない事があるのを知るべきです。


こんなブログを見てる人はそう多くはありませんが、見ている方はご理解をお願いします。
スポンサーサイト
  1. 2011/03/18(金) 02:42:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<期待を裏切らない人 | ホーム | 地震>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ichiro3000.blog33.fc2.com/tb.php/166-363360e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)