考えて製作せぃ!

日常の事や製作の事などを書いていくよ。

どうも。私生活ではもうそろそろ暇な時が訪れそうです。


現在マップを必死で作成中。仕掛け作りに悩んでます。


名称未設定


しかし最近ニコニコを利用してる年齢層が低いせいか、はたまた使ってるキャラがマイナーなせいか、


動画のコメであるキャラを登場させた時に「誰?」というコメが非常に気になります。


例えば上の画像の俺の嫁、リースもそんなキャラの1人です。


逆に自分から言わせてもらうと、リースの事知らんの?って言い返したいです。


スクエニキャラの中でも未だ人気ある上に、元祖萌えキャラと言っても過言ではないのに。


でもよくよく考えると聖剣伝説3が発売されたのが95年。大体13年半前。


成人以上のSFC黄金期世代の方ならタイムリーだったでしょう。けど未成年以下の反応は?


実際、自分の周りにいる未成年以下の友人達の聖剣3の認知度はほぼ無い。嗚呼、悲しき現実。


割と今の未成年以下の人にはSFCネタが通用しにくいとこの身で知りました。時の流れは残酷です。


そう思うとFF6ネタとかも通じるのかどうかも不安になってきた…。オルトロスの知名度もなんかあやしいしな…。



以下キャラ紹介の続き。
今回のキャラ紹介は2キャラです。

・IKZO
2008年4月頃からニコニコで急に人気になった歌手、吉幾三。彼の代表曲「俺らは東京さいくだ」のフレーズを素材にしたMADが一世を風靡した。
技は主に農業関係。うp主の実家が農家の為、知ってる範囲で装備もそれっぽくしているが…。
ステータスは攻撃、防御が高く精神、敏捷が低い戦士タイプ。
一見、アタッカーとしてそこそこの活躍ができそうと思いきや、それに見合った装備や技が今のところ無いため、非常に扱いにくいキャラである。
キャラクターはニコニコの住民であり、喋りが常に鈍っている。田舎の事しか知らないので最新技術などの知識は皆無である。
ちなみにミク同様に歌関係の仕事をしており、レプリ東京進出が夢らしい。

・メタナイト
ゲーム「星のカービィ」シリーズに登場する世界一カッコいい一頭身
ニコニコではアニメ版でのキャラや、ゲーム「大乱闘スマッシュブラザーズX」出演もあって、そこそこの人気を博している。
技は出演したゲームやアニメの元ネタが多し。ゲーム的な事情で、初期武器はあの剣ではない。
ステータスは攻撃、敏捷が高く防御が低くHPもやや低めである。高い火力を生かせる技があり、通常攻撃にもパンチ力があるが先述の通り、アタッカーとしては打たれ弱いのが難点である。
キャラクターは紳士的でカリスマ力があるため、イチロー達を束ねる事が多いが、最終的な決断はイチローに委ねる事もある。組織では落合の次に偉い位置にいる。
基本的に会話の中でボケる事はあまりないが、少々天然気味である。ちなみにみんなとコミュニケーションを取る為に、オタクを含めた色々な知識をため込んでいる。
見た目では分かりにくいが相当年を食っている。また「一頭身」というフレーズを言われるとやや気にする傾向がある。見た目が同じようなれいむの事はあんまり良く思っていない。


非戦闘員キャラの解説もしたほうがいいかもな…。
スポンサーサイト
  1. 2009/01/29(木) 03:18:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

何故に差が出るのか

マップ作りや戦闘イベントを早々に完成させ、続きをうpしました。






第3部に突入してから早4ヶ月近く。当初は3部は4部構成の中で一番短くなる予定だったのに、思いつきが重なって凄く長くなりそうな予感…。


正直1部、2部での敵の経験値配分を失敗したと言わざるを得ない。


しかし長くなるにつれて少なくなる視聴者。まぁ「見たい人だけ見ればいい」と思ってるのでそこはあんまり言いませんが…。


言っちゃうと今までシリーズ動画を50以上上げてきたけど今の状況だと完結まで確実に動画数が100を超えそうなんだ…。


何かとやりたい事が多くて、それの辻褄を合せるとそうなっちゃうんだ。


まぁ、あくまで趣味だから別に自身としては問題ないけど。完結は年内にできるかな…。
  1. 2009/01/25(日) 19:13:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大馬鹿野郎

動画の説明コメントに書いておきましたが、現在試験期間中です。


しかし何故かそんな時に限って製作意欲が沸いてくる。


名称未設定


しかしゆっくりの表情バリエーションが増えすぎて困る。


ドットだから改変が楽にできるのでいくらでも作り放題。いやー、ドットのグラフィックは重宝するなー。


ちなみに右のゆっくり霊夢の表情は、
1番左…ノーマル
左から2番目…かわいくてごめんねwww
右から2番目…うさぎ鍋にすっぞ!!!
1番右…なんなのこいつ…、調子にのってんじゃないわよ!


その内ゆっくり魔理沙のバリエーションも増えるであろう。おお、うざいうざい。



米返信

>確かにイチローRPGも楽しみですが勉強第一ですので。。
ですよねー。この期間さえ過ぎれば後は暇な時間たくさん取れますからね。
でも勉強する気が起きない。嗚呼、ダメ人間也。
  1. 2009/01/23(金) 00:31:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イチロー編始動

イチロー編が始まりました。






今考えても結構フリーダムに作ってしまったなぁ。



以下キャラ解説の続き。
今回も4キャラ解説します。


・初音ミク
2007年にVOCALOIDシリーズの第1段のイメージキャラ。ネットからネギ好きという設定が定着し、今では公式設定化しつつある。
その影響で本作品ではミクの武器は主にいろんな種類のネギとなっている。また、技はうp主の知ってる範囲でのニコニコネタが元となっている。
ステータスはMP、精神力が高くHP、攻撃力が低い。武器が武器なだけに通常攻撃は期待できず、攻撃技も少ないが、ある程度の敏捷と全体回復技があるため回復役としての起用が主となる。
ただし、「はちゅね化」を使う事によってパパス以上の攻撃マシーンとなるので使い方は人それぞれである。ちなみに厳密に人間ではないため、異常状態「」には100%ならない。
キャラクターは至って真面目な16歳。歌関係の仕事もしている。レプリ東京でスネークに助けられてからはスネークを気にしている。また、自分の体について少々悩みがあるようだ。

・馬犬
動画「ハイポーション作ってみた」で一世を風靡した馬のような犬
技や武器の元ネタはそのシリーズで出てきた物や行動が主となっている。
ステータスはミクの能力を少し平均化させたような感じ。そのため通常攻撃は期待できないが、技が精神力依存の全体攻撃技が充実、また異常状態「」の付与効果もあるため、雑魚敵戦ではその力を遺憾なく発揮できる。更に相手の防御力を下げる技や、回復技もあったりする。
キャラクターは主に突っ込みだが、時にはいろんなジャンルの名言を吐いたり、匂わせ的なセリフを言ってフラグを立たせるフラグメーカーであったりと登場頻度は高い。

・長門有希
「涼宮ハルヒの憂鬱」シリーズに登場するキャラクター。人間ではなく宇宙人。正式には対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェース
技や装備の元ネタは作中に出来る限り則った感じにしてあるが、幾らかはうp主の思いつきも入ってたりする。
ステータスはMP、精神力が特化しており、防御力も高いがその代りHP、攻撃、敏捷がかなり低い。
どちらかと言えば攻撃技は少なく、回復技や能力アップ技の方が充実しているためパーティに組み込むとサポート役が主になる。また異常状態の耐性が物凄く、
殆どの異常状態には絶対ならないというディフェンス面の優秀さもある。
キャラクターは原作同様、殆ど会話に口を挟む事は少ない。時に喋ったと思えばその時その時の状況の的を射ることが殆ど。ちなみに宇宙人という正体を知っているのはキョンと古泉だけであり、それ以外の人には「不思議な力を持った優秀な人」と容認されている。

・ドアラ
プロ野球チーム、中日ドラゴンズが誇るキモカワマスコットキャラクター。一見アンバランスな体に見えるが、身体能力は卓越しているモテスリムな体である。
技は実際のドアラの挙動不審的な行動が殆どである。
ステータスは敏捷が飛び出て高いが、それ以外に秀てた能力は無く、攻撃力が低いため仲間になった当初は使い難さがあるが、3部になってからはそれなりの技を覚えるためそこまではアイテム係として辛抱が必要かもしれない。
レベルアップで覚える「完全停止」はボス敵を含めた敵を一定確率で「停止中」状態にさせることができる。「停止中」になった場合、3ターン何もできないためチャンスを作れるが、もし失敗してしまった場合はただ自身が3ターン動けなくなるだけなので運が必要になる。
キャラクターは普段は物静か、というか喋れない。主にビックリした時に「ビクッ!」と反応するくらいである。このご時世を生きるために球団のお仕事をこなしている。
ちなみに中の人などいない。


キャラクター解説は次回も続きます。
  1. 2009/01/20(火) 03:14:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

刻をこえて

前回の動画をうpしてからもうすぐ2週間になります。


が、未だに次のパートが完成できません。結構やってるんだけど…


名称未設定


一応、リースの技は設定が終わりまして戦闘アニメも全部できました。


その他にはマップ作りを少しと歩行グラ作りに修正などなど…。


だって次は街を作るわけですから。RTPキャラばかり使っても何も面白みが無い。


そこで、何かしらキャラを出すつもりではいます。そういうわけでそのキャラの歩行グラも作ってます。


その他、イチロールートでは分岐の説明部分では無かったことなどもあったりします。


そういう要素を作るのは楽しいが、作業の量が増える…orz



今回はいい機会なので仲間キャラの解説をしようと思います。

時々、動画のコメで何かしらの勘違い(説明が全然少ないからだろうけど…)してる方もいるようなので。
うp主の勝手な設定もあったりしますからね。

それでは今回は4キャラについて説明します。


・イチロー
本名:鈴木一朗。現在35歳。日本が誇るプロ野球選手。走攻守3拍子揃った選手で、どれも高いレベルを誇っている。
本作品でのイチローはネット上の「全盛期のイチロー伝説」を元にしている。
その為、技については殆どその項やニコニコ動画内でのネタが大半である。
ステータスはどれも平均以上の能力であるが、特に敏捷性の高さは仲間内でトップ。
その時相応のレベルの高さであれば絶対的に最初に行動できるので、主人公だけどアイテム係に回されることもしばしば…。
また、自分自身が既に驚かれる存在であるため、異常状態「驚き」には100%ならない。
キャラクターは主人公という事もあってリーダー的な存在。ややツッコミ寄りな性格だが、どこか一般人と感覚がズレてる為、時に天然な言動や行動が見られる。

・スネーク
本作品でのスネークはメタルギアソリッド3の主人公、ネイキッド・スネークである。(分かりやすく言えばスマブラXでのスネークとは別人)
スネークの技などはメタルギアソリッド3内での行動や武器、またニコニコでの有名なネタが主である。
ステータスはHP、攻撃力がやや高く、MP、精神力がやや低めのパワータイプ。
高めの攻撃力を生かせるだけの技を覚える事が出来るため、アタッカーとして優秀。
うp主視点からだと、「CQC→首折り」と「手榴弾」がMP消費の割に威力があるためオススメ。
また、異常状態「」には100%ならない。
キャラクターは原作と同じような性格。女好きで美味い食べ物には目が無い。ミクから気にされている。

・パワプロ
仲間キャラクターで唯一、名前入力が必要なキャラ。
動画のコメで、高校球児やら、バルカンズ所属と言われてますが、一応高卒社会人という設定です。(バルカンズマークがあるのは素材の関係上での理由があるため)
技の元ネタはパワプロ内での特殊能力からが主。
ステータスはどの能力も平均前後程度の能力で使い難さが漂う。しかしそれを補うのが初期からある技「センス○」である。
使えば基本4能力が全部上昇するため、積めば驚異。積めればの話だが。
技はポジションによって覚える技が変わり、また「」を使わなければ基本的に技は全く覚えない。
つまり、探索を怠れば自動的にいらない子と化す。
ポジションの特性として、投手は攻撃技中心、捕手はパーティ能力補助中心、遊撃手はディフェンス中心、外野手はオールラウンドタイプの技を覚えるようになっている。
キャラクターは原作と同じ、常識はあり、誰かのボケには大抵突っ込む。しかし時には原作さながら、とんでもない事を頭の中で妄想したりする。

・パパス
ゲーム、ドラゴンクエスト5に登場する主人公の父親。
原作では中盤前で主人公を守るために敵に何もできないまま攻撃され続け、最後はメラゾーマの炎によって骨さえ残らずに焼き殺される。この時のセリフ、「ぬわーーーーーっ!!!」はとても有名。
しかし本作品ではそのような子ども思いの良い父親ではなく、ニコニコ動画の「ドラクエ5 のストーリーを勝手にリメイクしてみた」に登場する、ド変態人でなしパパスである。
ステータスは原作と同じようにHP、攻撃力はトップクラスだがそれ以外は最低クラスという捨て身のアタッカー。
ただし、裏を返せば敏捷性の低さを利用してターンの最後に確実に行動する、という事を頭に置けば戦略が計算できるキャラでもあったりする。
攻撃力は前述の通りで、通常攻撃でもそこそこのパンチ力がある。しかし通常攻撃の命中率は敏捷性の高さに前後されるため、何とも悲しい。
キャラクターも前述の通り、ド変態人でなしである上に言動もとってもウザい為、味方内でもスルーの対象となっている。


残りのキャラも後日解説しようと思います。
  1. 2009/01/17(土) 03:23:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うー!

お待たせしました。ゆっくりレミリアのドットの微修正が終わったのでうpです。


ゆっくりれみりあ


何時見ても我ながら中々の出来。


ってかドットを本格的に始めてからまだ1年足らずでここまでできる事に少し驚き。


やはり何事も経験がものを言うんだろうか?歩行グラに限っては恐らく50キャラは作っただろうし。


イチローRPGですが次のPartができるまで結構かかりそうです。


リースの能力は決めましたが、次は装備、技、技実装に伴う戦闘アニメ作り、オリジナルの街マップの作成etc…


とっても1週間そこらで終わるような内容とは思えません…。連休終わったら学校だし、その以前にまた1人暮らしになるから時間取れないだろうし…。


趣味の一環でやってる事だから優先順位が低いので、作業が進むかどうかわかりませんが頑張ります。
  1. 2009/01/11(日) 01:44:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

息抜き

ここ1週間、妙にやる気が出てしまった結果がイチローRPG動画3つ投下となり、





更に頑張った結果がこれだよ!!!










トレースすりゃ手っとり早いんだろうけど、そんな事しても作業に面白みが欠けるので・・・


このドットを作成した間、イチローRPGの進行度はほぼ0。


しかも頑張り過ぎてやる気が下火になった。ナンテコッタイ。


ゆっくり霊夢とゆっくり魔理沙のドットはプロフ画像から保存してください。


ドット作りで3日間が消滅か・・・なーにやってんだ俺…。
  1. 2009/01/09(金) 16:33:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

面白いドット打ち

またも高速で続きができてしまった。





過去の動画と見比べればわかりますが、リースの歩行グラを大幅に変更しました。


こんな感じで。


リース様
※画像は2倍に拡大してあります


うん、自分的に満足な改修ができたと思います。


しかし俺は女性キャラの歩行グラしか改修せんなぁ…。


いい加減、野郎キャラも弄らんと、と思ってもやる気が出ない。仲間キャラでたった1人FF6調じゃないIKZOはどうなるやら。


今日はニコニコ大辞典のゆっくりの項を見ていたらこんな動画に遭遇。





この動画を見ていたらふとドットが打ちたくなった。


しかし一からドットを打つのもダルいので第3部Part3に使用したキングゆっくりれいむのピクチャーグラをゆっくり作り直してみた。


そしてできた物が以下。


bigゆっくり


トレースじゃない割にかなり上手く出来たと思う。


かなり納得なドットになったのでその内プロフ画像に載せるとしよう。



以下、米返信。

>自分としては、素早さ≧精神力>攻撃力>>防御力がよいと思います。

この米を見る前に能力値を設定してしまったけど、最高レベルの時のステータスが正にこんな感じでワロタw
  1. 2009/01/06(火) 23:21:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やめられない、止まらない

新年早々に動画を2つうpして、現在作業がはかどってしょうがない。


一体11月、12月の体たらくは何だったのだと、自分自身に小一時間(ry



名称未設定


次でスネーク編は終了させてイチロー編になると思います。


いや、もう分岐を続かせるほどのネタが無いだけなんだけどね。


構想では3部後半や4部にニコニコの大御所ネタは回しちゃったから、今は持ち合わせのネタでどうにか繋げるしかない。


それとスネーク編はサクサク進んだけど、イチロー編は悩みどころがいっぱい。


まずこの期に及んでリースの能力値をまだ決めてない。ってか、分岐の合流でメンバーチェンジを入れなきゃならんから
嫌でも次の動画をうpするまでに決めなきゃならないんだけど…。


まだ悩みどころはあるけどネタバレになるのでこれ以上は止めておこうっと。


ニコニコ深部編は壮大になりそうだ。
  1. 2009/01/05(月) 14:29:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

続き

新年早々動画をうpしたばっかだけど、またうpしたので。






次辺りで分岐は終わるかな?かな?
  1. 2009/01/03(土) 23:20:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あけましておめでとう

あけましておめでとうございます。


今年もイチローRPGを楽しみながら作っていきたいと思います。


で、早速新作ができました。





なんか適当になってるけど気にしない。分岐にしたものの、長くなりそうな気はしない。
  1. 2009/01/01(木) 21:52:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0